STK新栄通信株式会社

事業内容

新栄通信は、長い間協和エクシオのグループ企業として、NTT関連事業で培った確かな技術力で構築した通信 インフラをベースに、人々の生活と関わりの深い情報通信事業を展開しております。

「通信線路工事・CATV関連工事・鉄道通信工事」等を核として更に技術向上に努め、総合力を蓄え「誠実性・透明性を経営の柱とする」総合エンジニアリング企業として、高度情報化社会に貢献する企業を目指しております。

通信インフラ事業

光ブロードバンド通信網の設備構築に向けて、長年培った技術力で、企業から一般家庭まで通信設備全般の設計・施工とそれらの設備の維持管理を行っております。
また、技術支援要員として、エンジニアをインドネシア・シンガポール等へ派遣し各国の情報通信ネットワークに貢献しています。

お客様宅への引込作業

マンホール内接続作業

通信インフラ事業

通信インフラ事業

通信ビジネス事業

LAN構築工事・CCTV*構築工事

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けたSAQ2(サクサク) Japan Projectが公表されていることもあり、ホテル等においてWi-Fi整備が加速しています。
当社ではお客様の視点に立ち、設備の新設、更改等に関するご提案から設計・施工を一連で行っています。
また、近年では防犯意識が高まってきており、監視カメラは様々な場所で見かけるようになりました。当社では長年の通信設備構築の経験を生かし、防犯カメラ構築にかかわるご提案から設計・施工についても、一翼を担っています。
*CCTV:Closed-circuit Television:監視カメラ

LAN構築工事

CCTV構築工事

鉄道通信工事

大手民間鉄道会社各社の様々な設備の中で、主に鉄道通信ネットワーク・列車無線システム・駅構内の乗客乗降監視及び、誘導に用いるITV(工業用テレビ)のシステム構築等、鉄道の通信設備に関わる工事の設計・施工業務を幅広く実施しています。

建築限界測定風景(転落防止装置)

配線作業風景

光ケーブル布設作業風景

その他情報通信関連工事

現在スマートフォンの普及に関わる業務として、携帯電話の700MHz帯周波数再編に伴う地デジテレビブースターの受信障害対策工事を行っています。この対策工事は携帯電話事業者がこれから使用する700MHz帯の電波が、地デジテレビの映像乱れ等の影響を与えてしまわぬように事前に対策を行う工事です。

そのほか通信事業者、マンション、公共施設等の通信設備構築から、構築した設備の保守業務も行っています。
当社では有線通信、無線通信、CATV、これらに関連する業務等、情報通信関連工事について幅広く携わっています。

一般住宅への700MHz対策工事